4月23日はビールの日!
この日はドイツで「ビール純粋令」が施行された日で、
“ビールとは一体何か”を世界で最初に定めたのが、この「ビール純粋令」だそうです。
ドイツでは1995年からこの日を記念して、4月23日を“ビールの日”としています。

そこで今回はビールに合うおつまみ特集!
ガッツリ系からサッパリ系まで、身近な材料で手軽に作れる厳選おつまみをご紹介いたします。もちろん、呑まない方もサッと作れるおかずとしてオススメです。
なるべく外出は控えたい今だから、おうちで居酒屋気分を楽しんじゃいましょう♪

 

ビールといえばギョーザ!

『きのこギョーザ』

香ばしく焼き上げたギョーザは、ビールとの相性抜群!
皮がカリッと、中はしめじとまいたけの旨みがたっぷり詰まった、食欲をそそるギョーザです。きのこの食感が残るよう粗みじん切りにするのがポイント。ごま油は香り付け程度でヘルシーに。

魚焼きグリルでパパッと!

『タコのトマト煮 ガーリック風味』

ガーリックが効いて、おつまみにもぴったりのタコの煮込み料理を魚焼きグリルで。
あと1品欲しいときにパパッと気軽に作れるうれしいメニューです。

色よく、形よく、サクサク!

『桜エビと野菜のかき揚げ』

色よく揚がった野菜と桜エビの香りと食感で、一層ビールが進みます。
おいしく美しく揚げるコツを紹介していますので、かき揚げが苦手という方は、ぜひこのレシピを。

揚げずに簡単、さっぱり、おいしい。

『アジの南蛮漬け』

本来は油で揚げてから南蛮酢につける南蛮漬けをスペースパンごと魚焼きグリルに入れるだけで、揚げずに手間なく。

鉄板なしで、後片付けもラクラク。

『ヘルシー蒸しサムギョプサル』

本来は、鉄板でカリッと焼いて肉の余分な脂を落とすサムギョプサル。ゼロ活力なべで蒸せば、豚肉の余分な脂を落としながら旨みを引き出し、ヘルシーでおいしいサムギョプサルがいただけます。

※一般的な圧力鍋の約1.6倍の圧力値146kPa(当社調べ)

ちょい焼きで、甘みちょい増し。

『カラフル野菜のさわやかマリネ』

カラフル野菜を軽く炒めることで、野菜本来の甘みを引き出します。
甘酸っぱい味付けが口の中をリセットしてくれて、お箸もグラスも進みますよ。

外出はなるべく控えて、おうちで簡単にできる居酒屋メニューでストレス解消!
お酒を飲むときは、脂っこい料理や濃い味付けばかりになりがちですが、バランス良いメニューを心がけましょう。もちろん食べすぎ飲みすぎは厳禁ですよ!
アサヒの調理器具で作る簡単&ヘルシーなおつまみメニューを、ぜひお試しください。

※続きをご覧頂くにはログインが必要です。
《新規登録はこちら》