vol.02フライパンシリーズ

長く使ってほしいから、守ってほしい!
表面加工を長持ちさせる5つのコツ

アサヒのフライパンシリーズは、長く快適にお使いいただけるよう耐久性の高い『ロングライフコート加工』を採用しています。

今回は、日頃のちょっとした使い方で「表面加工を長持ちさせるための5つのコツ」と、お持ちのフライパンがすでに傷んでしまっている人のためのサービス「おなべの病院」での再加工サービスについてご紹介します。ぜひご活用ください。

1 強火で調理していませんか?

必要以上の強い火力は、表面加工のフッ素樹脂塗膜層を早く劣化させる原因になってしまいます。
適温後は必ず弱火以下で使用してください。

2 金属製のヘラを使っていませんか?

木製、ナイロン製、耐熱シリコン製の調理器具をお使いください。金属製の調理器具や先のとがったもの、金属たわしや金属製のケーキ型などは表面加工を傷つけてしまうので、使用しないでください。

3 避けた方がいい食材を
   知っていますか?

お餅、なす、さつまいもの素焼きをすると、食材に含まれるアクやヤニがこびりつき、シミ状の汚れが残ります。また、表面加工の劣化や腐食の原因にもなるのでご注意ください。

4 でき上がった料理を
   長時間入れていませんか?

残った料理をフライパンに長時間入れたままにすると、表面塗膜に塩分などの調味料が入り込んで、フライパン素地を腐食させ、塗膜が膨れたような状態になることがあります。

5 内側のしつこい汚れを
  ゴシゴシ洗っていませんか?

力強くこすったり、金属たわしや研磨剤入りのスポンジなどを使ったりしないでください。

さらに! 長持ちの裏技をご紹介!

再加工&クリーニングサービスをご存じですか?

「長年大切にしてきたフライパンを、これからも使い続けたい」そんなお客さまからのご要望にお応えして、“おなべの病院”ではフライパンの再加工&クリーニングサービスを行っています。
お使いの加工が傷んでしまったアサヒのフライパンを、ピカピカによみがえらせます。