子どもから大人まで大人気のカレー。 具沢山にすると野菜やお肉の栄養がたっぷり摂れる上、旨みが溶け込んでおいしいですよね。

実は、本日1月22日はカレーの日なのです!
1982年1月22日に学校給食として初めてカレーが出たことが由来となっています。

カレーと言えば、アサヒが誇るゼロ活力なべ。
…ですが、他にもカレーをおいしく作れるアイテムがアサヒにはあるんです!

今回は、定番から変わり種まで、アサヒ自慢の「カレーレシピ」をたっぷりご紹介します。

 

隠し味は食材の甘み。

『野菜たっぷりビーフカレー』

ゴロッと大きめの具材も、加圧たった0分!あとはルウを溶かすだけ。隠し味を入れなくても、コク旨カレーがあっという間にできあがります。

水を1滴も加えない。

『水なしトマトカレー』

水を1滴も使わず、野菜の水分だけで作るカレーは濃厚! 玉ねぎの甘みもしっかり引き出されています。

骨まで食べられる!

『サバカレー』

ゼロ活力なべで骨までやわらかくして、サバの栄養をまるごといただけます。意外とさっぱりしているので、おかわりできちゃうかもしれません。

油ナシ! で健康的に。

『豆腐入りヘルシードライカレー』

豆腐を加えた、あっさり風味のドライカレーです。レーズンの酸味が、ほどよいアクセントに!

意外な組み合わせ。

『大根カレー』

引き出された大根の甘みが、カレーとの相性抜群! 味が染み込んだ大根のやさしい口当たりで、やみつきになるおいしさです。

2段調理で時間と光熱費を節約♪

『キーマカレー&温泉たまご』

とろりとした温泉たまごがキーマカレーと合わさって、マイルドなおいしさに。

でかい! はやい! うまい!

『びっくりスープカレー』

今では全国的に大人気の北海道発祥・スープカレー。野菜は大きく切れば切るほど栄養分が逃げにくく、本来の旨みが味わえます。

いかがでしたか?
アサヒの製品それぞれの特性を生かしたカレー作り。
どの製品も長時間コトコト煮込まず、簡単・時短で味に深みを持たせることができます。
献立に困ったら、ぜひお試しください。

※続きをご覧頂くにはログインが必要です。
《新規登録はこちら》