7月に入り、夏も本番間近! そこで気になってくるのが夏バテと紫外線…。
ひんやり冷房の効いた室内と、暑~い外との温度差で自律神経が乱れてしまったり、寝苦しくて睡眠不足になってしまったりと体調を崩してしまいがち。
また、紫外線による肌へのダメージも気になりますよね。
そこで積極的に摂取したいのがビタミンや、汗で失いがちなナトリウムなどのミネラル。
今回はアサヒの調理器具で作る、和倉由佳先生監修の夏バテ・肌荒れ対策にオススメのビタミンレシピをご紹介します。
ぜひ、お試しください。

 

食べるスープでビタミン補給

『ビタミンカラーのベジタブルスープ』

緑黄色野菜と根菜のほか、一緒に入れた押し麦にもビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。
押し麦のほどよい歯ごたえと満足感が味わえる、食べるスープです。

手軽に作れる自家製オイルサーディン

『イワシの梅じそドレッシング煮』

梅の風味をきかせた、さっぱりと食べやすいイワシの和風オイルサーディン。サラダやサンドイッチ、パスタなどに入れてアレンジもできますよ。
イワシはカルシウムも多く含んでいるほか、梅に含まれるクエン酸で疲労回復やエネルギー代謝を上げる効果もあるそうです。

食卓が華やぐカラフルパエリア

『夏野菜パエリア』

お米も具材もまとめて調理できる、スペインの郷土料理パエリア。フライパンごと食卓に並べれば、パッと華やぐとっておきメニューです。
トマトやパプリカはビタミンたっぷり!
また、オクラはビタミンのほか、カルシウム・鉄などを多く含んでいるので、夏バテ対策にぴったりです。

おうちで南国気分!?

『チキンとなすのココナッツミルクカレー』

手羽元、なす、玉ねぎ、トマトの水煮から出た旨みに、ココナッツミルクも加えることで濃厚なおいしさが愉しめます。 また、なすは90%以上が水分ですが、食物繊維やポリフェノールが多く含まれているので夏バテ予防におすすめです。

スタミナ丼なのにヘルシー!?

『ねばねば納豆牛そぼろ丼』

ごま油の香りが食欲をそそるヘルシーなスタミナ丼です。
納豆はビタミンも豊富ですが、整腸作用のあるペクチンや胃腸の粘膜を保護する働きがあるムチンも多く含まれています。
また、アレンジとして牛そぼろに輪切りの唐辛子や豆板醤を入れて炒めるとピリ辛に。
香辛料の香りは唾液や胃液の分泌を促進し、食欲を増進させる効果がありますよ。

肌トラブルが気になるあなたに

『アーモンド×ごま×豆乳スムージー』

身体にストックできない水溶性ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)は、スムージーでこまめに補給!
アーモンドやごまに含まれるビタミンEは血流を促進し、お肌にも栄養分を送り込みやすくなります。
さらに、大豆イソフラボンの抗酸化作用により、美肌効果もUP!

かぼちゃの甘さとフルーツの酸味が絶妙♪

『ベトナム風スイーツ・かぼちゃの氷あんみつ』

かぼちゃを使った冷たいアジアンスイーツ。
かぼちゃはもちろん、キウイやパイナップルなどたっぷりのフルーツでビタミンを摂取できます!
ただし、冷たいものの摂りすぎはほどほどに。

いかがでしたか?
年々暑さが厳しくなっている夏。
栄養の偏りに気をつけて、体調を崩してしまう前に日々の食事にビタミンを積極的に摂り入れ、夏バテや肌荒れを防いでいきましょう。

マイアサメルマガで登場中の、鶏とビールがあれば、まいにち幸せな“Pちゃん”です。
鶏やビールにまつわるお話やレシピをお届けしていきます。

今回のテーマは“夏バテ・肌荒れ対策”。
そんな夏のお悩みには、鶏ムネ肉がオススメ♪ ムネ肉はパサパサしてかたくなるからと敬遠されがちですが、実は良質のタンパク質やアミノ酸、ビタミンB6がたっぷり含まれているんですよ。

Pちゃんのオリジナルレシピ“ふっくら! さっぱり! 鶏ムネ肉のPちゃんダレ”ならムネ肉のイメージが変わっちゃいますよ♪ 絶品のPちゃんダレをつけると、ハムハムが止まらない(*´Θ`*)

『ふっくら! さっぱり! 鶏ムネ肉のPちゃんダレ』

【材料(2人分)】
鶏ムネ肉…2枚(約320g)
《A》
┌長ねぎ(白い部分)…1/2本
 にんにく…1/4片
 しょうが…1片(10g)
 塩昆布…3つまみ
└酒…大さじ2
ごま油…大さじ1
レモン…お好みで適量

【作り方】
《下ごしらえ》
・鶏ムネ肉はひと口大に切る。
・長ねぎ・にんにく・しょうが・塩昆布はみじん切りにする。

《Pちゃんダレを作る》
適温後、弱火にしたオールパンにごま油をひき、《A》を入れて酒の水分が飛ぶまで炒めたら火を消し、取り出す。

《鶏ムネ肉を焼く》

  1. 適温後、弱火にしたオールパンに下ごしらえした鶏ムネ肉を皮を下にして並べ、蓋をして3分加熱する。
  2. 裏返して再び蓋をして3分加熱する。
  3. 火を止め、取り出したら《Pちゃんダレ》をかけ、お好みでレモンを搾る。

★ポイント★
味の濃さは、お好みに合わせて塩昆布の量で調整してくださいね♪
★《Pちゃんダレ》は冷や奴やトマトスライスなど、他の食材にかけてもハムハムが止まらないよ。

★鶏Beer情報は、すべてPちゃん調べだよ。

※続きをご覧頂くにはログインが必要です。
《新規登録はこちら》