そろそろ梅雨が明けて、いよいよ夏も本番! この季節、キッチンに立つのは億劫、という方も多いのではないでしょうか。
でも、家族のために毎日の食事作りは大切。
そんな時、常備菜が少しでもあると助かりますよね。けれど、夏場は衛生面が気になるところ。
そこで今回は、常備菜作りのポイントと、アサヒのアイテムを使った簡単・時短でできるおすすめ常備菜レシピをご紹介します。

 

【手洗い・調理器具や保存容器は清潔に】
常備菜を長持ちさせるポイントは菌を繁殖させないこと。
こまめな手洗いはもちろん、包丁、まな板、保存容器は清潔に保ち、雑菌を移さないようにすることが大切。取り分け時の箸やスプーンは使いまわしせず、清潔なものを使いましょう。

【水分に気をつける】
食品に含まれる水分が多いほど、腐敗が進みやすくなります。夏場は特に水分が少ないおかずを作る工夫も必要です。保存容器に付いた水滴も拭き取るようにしましょう。

【火をしっかり通し、充分に冷ます】
加熱する場合は食材の中までしっかりと火を通し、冷蔵庫に入れる前には充分に冷ましてから保存しましょう。温かいまま保存すると、容器内の蒸気が水滴となり、雑菌が繁殖してしまう原因になります。また、冷蔵庫内の温度が上がり、他の食材が傷んでしまうことも。

【殺菌作用の高い香辛料や薬味で保存性をアップする】
唐辛子やこしょう、にんにく、しょうが、梅干しなど、殺菌作用の高い香辛料や薬味は保存性をアップしてくれます。さらに、薄味でも味がまとまり、食欲増進の効果も。
また、酢を加えることでも同様の効果が期待できますよ。

さらに、常備菜をもっと安心に保存できるおすすめのアイテムはこちら。

多くの雑菌は、繁殖の際に酸素を必要とするため、脱気することで容器中が低酸素状態になり、繁殖スピードを低下させることができます。
ただし、既に入ってしまった雑菌を殺菌するわけではないので、先の常備菜作りのポイントも合わせて実践しましょう。
また、開栓を繰り返すと食材の劣化が進んでしまうので注意しましょう。

真空で保存することで、酸化による劣化を防ぐことができ、作りたてのおいしさを長く楽しむことができます。じゃがいもやたけのこなど、冷凍すると食感が落ちてしまう料理や食材の保存にもおすすめですよ。

さらに、真空効果で漬け込み時間も短縮。保存だけでなく調理にも役立つアイテムなんですよ。

“骨ごとイワシ”を常備菜に。

『イワシのビネガー煮 にんにく風味』

食欲増進効果のあるお酢とにんにく、唐辛子で、夏場にぴったりの常備菜になります。

揚げずに簡単

『アジとトマトのノンフライ南蛮』

野菜たっぷりなうえ、ノンフライのアジを南蛮漬けにするヘルシーメニュー。アジをオールパンで焼いたら、あとは真空容器を使って漬け込むだけなので、簡単・手軽に作れます。

肉の旨みと濃厚ダレが食欲をそそる!

『豚バラ肉のしょうが煮』

トロリとやわらかく煮上げた豚をしょうがでさっぱりと仕上げました。
ごはんが止まらなくなること、間違いなし!

定番の常備菜を魚焼きグリルで

『炒り豆腐』

ひじき入りで食物繊維やミネラルがたっぷりです。ツナを加えてお子さんも喜ぶ味付けに。

梅の酸味が爽やか!

『キャベツのさっぱり和え』

しらすと梅干しでいただく、さっぱりシンプルなメニューです。梅干に含まれるクエン酸で疲労回復と食欲増進の効果も。

ごはんがすすむスタミナ料理!

『鶏レバーの八角風味煮』

八角の香りが染み込み、味わい豊かに。しょうがと八角でレバーの臭みを消してくれます。汗などで失われがちな鉄分の補給にも◎

実は栄養価が高いブロッコリーで

『ブロッコリーのカレー蒸し』

水ナシ?で蒸しゆでにしたブロッコリーに、くるみの香ばしさとカレーの風味がぴったり。手早く簡単に作れるスピードメニューで、お弁当にもぴったりです。

いざ常備菜を作り始めようとすると少し面倒に感じるかもしれませんが、少しあるだけで毎日の食事作りがグンとラクになります。
まずはひと品からでもはじめてみてはいかがでしょうか。
はじめに常備菜を長持ちさせるポイントを紹介していますが、食材の状態や環境、気温などにより保存期間は異なります。なるべく早く食べきりましょう。

マイアサメルマガで登場中の、鶏とビールがあれば、まいにち幸せな“Pちゃん”です。
鶏やビールにまつわるお話やレシピをお届けしていきます。

今回のテーマは “常備菜” 。
Pちゃんもモチロン、鶏料理とBeerを常備してますよ♪ 卵も常備してるんですけど、賞味期限が近づくとドキドキしてまとめて使っちゃいます(・Θ・; )
でも、ゆで卵を作る時は新鮮すぎる卵を使うと、中に含まれる二酸化炭素が膨張して白身が殻に押しつけられるから、くっついてむきにくいんですよ。二酸化炭素は少しずつ抜けていくから、5日ほど待ってくださいね。
今回はゆで卵ではなく(笑)、Pちゃんのオリジナル常備菜の1つ “止まらない☆ムネキュー” を紹介しちゃいます♪ ハムハムが止まらないから、常備する前になくならないように注意してくださいね(*´Θ`*)

『止まらない☆ムネキュー』

【材料(3~4人分)】
鶏ムネ肉…2枚(約320g)
きゅうり…1本
みょうが…2個
酒…大さじ1
鷹の爪…お好みで適量
〈A〉
┌酢…大さじ2
│しょうゆ…大さじ2
│めんつゆ…小さじ1
│砂糖…小さじ1
└ごま油…小さじ2 

【作り方】
《下ごしらえ》
・鶏ムネ肉は皮を剥ぎ、厚みがある部分は薄く切っておく。
・きゅうりは塩をふり、まな板の上で数回転がし(板ずり)、塩を洗い流したら千切りにする。
・みょうがは根元を切り落として千切りにし、30秒ほど水でさらしておく。

《タレを作る》
・大きめのボウルに下ごしらえしたみょうがの半分、きゅうり、Aの材料を入れ、よく混ぜておく。

  1. 適温後、弱火にしたオールパンに鶏ムネ肉を並べ、酒を入れ3分加熱する。
  2. 裏返して再び蓋をして2分加熱する。
  3. 火を止め、余熱で5分置いたら取り出して粗熱をとり、手でさく(熱い場合はフォークなどを使う)。
  4. タレとよくあえて器に盛り、残りのみょうがをのせて完成。

★ポイント★
鶏ムネ肉をさく時は繊維に沿って引っ張るとキレイにさけます。
大葉や紅しょうが、梅干しなどでアレンジして楽しんでください。

★鶏Beer情報は、すべてPちゃん調べだよ。

※続きをご覧頂くにはログインが必要です。
《新規登録はこちら》