My:asa recipes マイアサレシピ

砂糖はナシでも
甘みアリ。
[使用する調理器具]
ゼロ活力なべ
大豆本来の甘みを引き出す
「大豆と昆布のやわらか煮(その他豆類の加圧時間表)」

ゼロ活力なべなら、本来は時間のかかる煮豆もあっという間にでき上がり。また、素材の甘みや旨みを引き出せるので、自然と使う調味料も減って健康食に。毎日でも食べたくなるほど、簡単で健康的な1品です。

※ゼロ活力なべ「シュシュッと0分! お料理BOOK(取扱説明書)」掲載

材料6人分
加圧時間0
  • 乾燥大豆
    1カップ(150g)
  • 昆布
    長さ10cm
  • 1カップ(200cc)
  • 薄口しょうゆ
    大さじ2

※よりやわらかく仕上げたい場合は、余熱時間を長めに置いていただくか、オモリが振れた後、弱火で1分間加熱してください。

【豆の種類別加圧時間一覧表】
◎大豆、黒豆、白インゲン豆、金時豆、紫花豆、白花豆、ひよこ豆、うずら豆、トラ豆…浸漬時間:一晩、加水量:1カップ、加圧時間0分
◎青えんどう…浸漬時間:3時間、加水量:1カップ、加圧時間0分
◎落花生…浸漬時間:なし、加水量:1カップ、加圧時間0〜1分
◎小豆(あんを作る場合)…浸漬時間:なし、加水量:3カップ、加圧時間20分
◎小豆(赤飯を炊く場合)…浸漬時間:なし、加水量:3カップ、加圧時間(小豆だけ)0分、加圧時間(もち米を加えて)白米オモリ1分
◎ささげ(赤飯を炊く場合)…浸漬時間:なし、加水量:3カップ、加圧時間(ささげだけ)0分、加圧時間(もち米を加えて)白米オモリ1分

【ご注意!】大豆は一晩水に浸けると2倍以上にふくらみますが、水切りしたあと、加える分量の水は1カップに。

作り方
〈下ごしらえ〉
  • 乾燥大豆は、きれいに洗い(虫食いのものは取り除く)、一晩水につけて水気を切っておく。

  • 昆布は、サッと洗って水気を拭き取り、ハサミで細かく切っておく。

1.ゼロ活力なべに下ごしらえした材料・分量の水・薄口しょうゆを入れ、蓋を閉める。

2.高圧オモリ(赤)をセットして強火で加熱する。 沸騰してオモリが勢いよく振れたら、すぐに火を止めて余熱調理。
内圧表示ピンが下がったらオモリを傾けて蒸気を完全に逃がしてからオモリを外し、蓋を開ける。

※従来の活力なべをお使いの方は、オモリを高圧にセットして、オモリが勢いよく振れたら、振れが止まらない程度の弱火にして1分加熱し、火を止める。
※IH・電気コンロ・ハロゲンヒーター等をお使いの場合、余熱調理中はヒーターから下ろしてください。