My:asa recipes マイアサレシピ

いろんな料理に変身できる、便利な“タネ”
[使用する調理器具]
ゼロ活力なべ
蒸し器で水に浸からずホクホク甘い!
「ふかし芋(じゃがいも・玉ねぎのタネ)」

蒸し器を使って、じゃがいもを皮付きのまま「0分料理」。
そのまま付け合わせにしたり、いろんな料理にアレンジもしやすい便利な「タネ」のできあがり!
蒸し水に浸からないので、ホクホクとした食感と野菜の甘みが引き出されます。

※「ごはんの時間」掲載

※プレミアム特報便『げんきの時間』
 特集「アサヒらしいがあたらしい 健康料理術」掲載
(New Standard 1「変身レシピ」)

材料800g分 ※ゼロ活力なべ(L)で作りやすい量
加圧時間
  • じゃがいも
    中7個
  • 玉ねぎ
    中1個
  • 1カップ(200cc)

※このふかし芋(じゃがいも・玉ねぎのタネ)をアレンジした変身レシピがあります。

「ポテトサラダ」はこちら
「パンケーキ」はこちら

作り方
〈下ごしらえ〉
  • じゃがいもはよく洗い、皮付きのまま4等分に切る。

  • 玉ねぎは縦に幅5mmに切る。

1.ゼロ活力なべ(L)に水を入れる。
じゃがいも、玉ねぎを蒸し器に入れてなべにセットし、蓋を閉める。

2.高圧オモリ(赤)をセットして強火で加熱する。 沸騰してオモリが勢いよく振れたら、すぐに火を止めて余熱調理。
内圧表示ピンが下がったらオモリを傾けて蒸気を完全に逃がしてからオモリを外し、蓋を開ける。

※従来の活力なべをお使いの方は、オモリを高圧にセットして、オモリが勢いよく振れたら、振れが止まらない程度の弱火にして1分加熱し、火を止める。
※IH・電気コンロ・ハロゲンヒーター等をお使いの場合、余熱調理中はヒーターから下ろしてください。

3.野菜を蒸し器ごと取り出し、じゃがいもが熱いうちに皮をむき、真空保存容器などに移す。

加熱後、じゃがいもの皮はスルリとむけます!

※蒸し器は大変高温になります。蒸気の熱に気をつけて、必ずふきんやミトンをご使用の上取り出してください。