My:asa recipes マイアサレシピ

こう見えて
意外とカンタン!
[使用する調理器具]
ゼロ活力なべ
具材も一気に圧力調理
「オレンジとアボカドのミルフィーユちらし寿司」

具材をひとつひとつ別々に調理するのに手間のかかるちらし寿司も、ゼロ活力なべなら一気に圧力調理。時短をしながらも、デコレーションに力を入れて、見た目にも楽しいちらし寿司を作りましょう。

※「レシピ定期便」掲載

材料4人分
加圧時間1
  • 白米
    2と3/4カップ
  • 黒米
    1/4カップ
  • れんこん
    中1/2本
  • にんじん
    中1/2本
  • 水(黒米のつけ水と合わせて)
    550cc
  • 【A】
  • ┏昆布
    1枚(5cm角)
  •  砂糖
    大さじ4
  •  塩
    小さじ2
  • ┗酢
    大さじ6
  • 【B】錦糸卵
  • ┏卵
    4個
  •  砂糖
    小さじ1.5
  • ┗塩
    小さじ1/4
  • ハム
    16枚
  • マヨネーズ
    適量
  • アボカド
    2個
  • オレンジ
    2個

◎錦糸卵の生地に片栗粉(大さじ1)を同量の水で溶いたものを加えると破れにくくなります。
◎ハムをエビやカニ、ツナに代えたり、オレンジをグレープフルーツに代えてもおいしいですよ。
◎黒米がない場合は、黒米の分量分を白米に代え、同じ水加減で作ればOKです。

作り方
〈下ごしらえ〉
  • 白米と黒米はそれぞれ洗って、30分程度水につけ水気を切る(黒米のつけ水はとっておく)。

  • れんこんは厚さ3mmのいちょう切りにして、水にさらし、水気を切っておく。

  • にんじんは千切りする。

  • 【B】の材料を薄焼きにして細切りにする。

  • ハムは半分に切ってから細切りにする。

  • アボカドは身を取り出し、1つは厚さ3mmにスライス、残り1つは1.5cmの角切りにする。

  • オレンジは房から果肉を取り出し、半量は厚みが半分になるようにスライスし、残りは1.5cmの角切りにする。

1.ゼロ活力なべに下ごしらえした白米、黒米、れんこん、にんじんと、水、【A】を入れ蓋を閉める。

2.白米オモリ(低圧)をセットして強火で加熱する。 沸騰してオモリが勢いよく振れたら、振れが止まらない程度の弱火にして1分加熱し、火を止めて余熱調理。内圧表示ピンが下がったらオモリを傾けて蒸気を完全に逃がしてからオモリを外し、蓋を開ける。昆布を取り出して、混ぜ合わせておく。

※従来の活力なべをお使いの方は、オモリを低圧にセットして、オモリが勢いよく振れたら、弱火にして1分加熱し火を止める。※IH・電気コンロ・ハロゲンヒーター等をお使いの場合、余熱調理中はヒーターから下ろしてください。

3.器にハート・シリコンフレームをのせ、寿司飯、錦糸卵、ハム、マヨネーズ、アボカドのスライス、オレンジの順に重ねて詰めていき、再び寿司飯をのせ、錦糸卵とハムを半々に広げ、フレームをぬく。上にアボカドの角切り、オレンジの角切り、マヨネーズを散らす。