My:asa recipes マイアサレシピ

焦がさず皮パリッ!
肉ジュワッ!
[使用する調理器具]
オールライト
旨火加熱で焼く
「チキンソテー」

皮パリ、肉ジュワ!《旨火加熱》ならではの食感!
中までゆっくり火を通していく焼き方で、抜群の焼き上がりに。

※「オールライトで身につく 失敗しない定番料理」オールライト料理集 掲載

材料2人分
  • 鶏もも肉
    1枚(250g)
  • トマト
    1個
  • にんにく
    1/4片
  • 塩・こしょう
    各少々

【おいしい科学】 ゆっくり温度を上げるために「肉を入れてから」火にかける

肉は焼き過ぎると繊維が縮んで肉汁が絞り出され、仕上がりがかたくパサパサになってしまいます。しかし、食中毒を防ぐためには、中心温度が75℃以上になるよう充分に火を通す必要があります。上手く中まで火を通すには、フライパンに肉を入れてから火にかけるのが良いでしょう。肉全体がゆっくりと温まり、表面と中心の温度差が少なくなります。焼く前に、肉を常温に戻しておくのも効果的です。

作り方
〈下ごしらえ〉
  • 鶏肉は常温に戻して半分に切り、皮目にフォークでところどころ穴を開け、両面に塩・こしょうをふる。

  • トマトはヘタを取り、横に寝かせるようにして厚さ2cmの輪切りにする。

  • にんにくは薄切りにする。

1.常温のオールライトに、皮目を下にした鶏肉、トマトを並べて、にんにくを鶏肉の上に散らす。

2.ガラス蓋をして中火にかけ、鶏肉から脂が溶け出し始めたら弱火にする。

材料を常温のオールライトに置いてから点火します。鶏肉の温度をゆっくり上げていきます。

3.鶏肉がほんのり白くなったら蓋を開け、トマトを取り出す。鶏肉から溶け出た余分な脂をペーパータオルなどで拭き取り、皮目にしっかり焼き色がついてから鶏肉を裏返し、弱火のままガラス蓋をせずに5分ほど焼く。

◎トマトは片面だけの加熱でOK。鶏肉から余分な脂や雑味が出ているので、しっかり拭き取ります。 ◎裏返したらガラス蓋はせず、弱火でじっくり焼いて。このとき鶏肉を必要以上に触らないのもコツ。

4. トマトとともにお皿に盛り、お好みでこしょうをふる。